俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



春いろいろ
三毳山の春     3.14 歩く(写真はクリックして拡大してください)

DSC00933.jpg DSC00927.jpg DSC00929.jpg


DSC00919.jpg DSC00930.jpg
DSC00926.jpg DSC00928.jpg キクザキイチゲは咲き誇り、カタクリはこれから・・・




いちご狩り と 陶芸教室     3.23 遊ぶ

 卒業式も終わり 中学新生活へ準備中の孫娘Meiとその友達を伴い、近郊へ

DSC00918.jpg 17426208_695265783931902_7143727558708128280_n.jpg 17498640_695741093884371_1955382000439067856_n.jpg
 


つくし摘み     3.25 歩く

 近くの自然歩道を散策、うららかな春陽を浴びて 桜並木の下 春の味覚を収穫。

DSC00936 (1) DSC00940 (1) DSC00946 (1)
DSC00948 (1) DSC00950 (1)


 山も歩かず 秘湯も尋ねず、ただただ残日録のような日々。




2017-03-22-PHOTO-00000473.jpg 卒業して   Photo by Meiママ

 孫娘が2歳の頃、将来 拙ブログを繙き 自然を愛する心を育んでくれたらと
綴り始めて10年 いよいよ彼女も中学生となる。
 高尾山 立山 筑波山などの峰も共に楽しむことができたが、
いまだ このブログを覗くまでの興味を示してはくれない・・・。

 往時は北海道から九州まで年間50日ほど 自然の懐に入り、
ひとり静かな山旅を続けていたが、もはや身体がついていかなくなった。
追憶の頁を繰りながら まだ夏山ならば・・・と 模索している昨今である。