俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



岳と花 Ⅹ
 時は遷り 山行ブログとして記しはじめた拙ブログ「俄歩」も はや10年、
山は遠くなり、老後生活閑話記となった。
今年も高嶺を歩くことなく「岳と花」の季節を迎えてしまった。

 爺ヶ岳から見据えた鹿島槍の双耳の美しさ・・・
 仙水峠から仰ぎ見た摩利支天を抱く甲斐駒の白さ・・・
 北穂から覗き込んだ滝谷の黒き冷たさ や
 奥穂の岩だなに座った目線に迫ってくる墨絵の入道のようなジャンダルムの威容・・・
などなど、かって歩いた想いと残像だけが積み重ねられてきた。

DSCF1447.jpg DSCF1408_20161215143629ba3.jpg 2006_101606奥穂高・涸沢岳0041
鹿島槍ヶ岳         甲斐駒ケ岳        ジャンダルム (写真はクリックして拡大してください)

 わずか数年前は 立山室堂から別山尾根を乗っ越し 劔沢雪渓を降り、
仙人池から裏劔を眺め 仙人と阿曽原の秘湯につかり、黒部峡谷の懸崖に切り開かれた
水平歩道を欅平に抜けたり(月別アーカイブ2010年8月記)・・・
 厳冬期、雪に埋もれた北八つ西麓から東麓へ 中山峠越えの雪中単独行(2011年1月記)を
楽しんでいたのに・・・、
時の移ろいとは疾いものである。

 今年は 孫娘との筑波山にはじまり、友人Mさんとは佐渡島へ、
妻とは 雨の霧降高原、錦秋の奥据花や戸隠の森などを歩いた。

筑波山 (1.16)
P1060681_20161215151340534.jpg P1060683_2016121515142688a.jpg IMG_1032_2016121515163620d.jpg FullSizeRender_201612151517358dd.jpg

秩父セツブンソウ (3.2)
DSC00070_20161215152010b78.jpg DSC00073_20161215152101151.jpg DSC00056_20161215152151122.jpg DSC00071_201612151522261e4.jpg

浜石岳 (3.17)
DSC00118_20161215152703a05.jpg DSC00121_20161215152743e04.jpg DSC00131_20161215152827515.jpg DSC00137_20161215152919948.jpg

秋山郷 (4.11-12)
DSC00236_2016121515313786e.jpg DSC00240_2016121515323765e.jpg DSC00271_2016121515333365c.jpg DSC00287_20161215153411460.jpg
DSC00258_201612151534578a2.jpg DSC00290_2016121515353146f.jpg DSC00300_20161215153617a0f.jpg DSC00294_20161215153648fd8.jpg

佐渡島 (6.1-4)
DSC00343_20161215154129778.jpg DSC00354_201612151542074cc.jpg DSC00376_20161215154249cf8.jpg DSC00392_201612151543411a0.jpg
DSC00351_20161215154739588.jpg DSC00369_201612151548230ec.jpg DSC00414_201612151548596c1.jpg DSC00425_20161215154937a25.jpg

霧降高原 (6.29)
DSC00464_20161215155129a81.jpg DSC00467_20161215155207132.jpg DSC00476_2016121515524385f.jpg DSC00479_20161215155319a71.jpg

御岳山 (8.4)
DSC00517_20161215155500bf3.jpg DSC00522_20161215155541db1.jpg DSC00551_20161215155619ee4.jpg DSC00554_201612151557062c0.jpg

湯ノ湖 (10.6)
DSC00578_20161215155849604.jpg DSC00584_201612151559285af.jpg DSC00591_20161215160004924.jpg DSC00593_20161215160038272.jpg

奥裾花&戸隠 (10.19-20)
DSC00613_20161215160300b6c.jpg DSC00618_20161215160344be0.jpg DSC00627_2016121516044016b.jpg DSC00621_20161215160526f9b.jpg
DSC00634_20161215160603172.jpg DSC00639_20161215160706240.jpg DSC00651_20161215160741a5e.jpg DSC00659_20161215160819ea6.jpg


 旅の目的や旅程によって 感得するものは異なるが、
一遇の強烈な出遭いにその旅の主題が凝縮されてしまうこともある。
特に山旅はそうだと思う。
 踏跡の薄い ざわつく黒い森を抜けた途端に眼に入った白骨樹と水溜りの
沈黙の窪地だったり・・・
トカゲを決め込んだ日溜りの岩から仰いだ頂に 刻々と変化をつける
光と雲の乱舞だったり・・・、
孫娘が自ら撮った筑波山の写真に 少しずつ彼女の主張を感じ取れたことが
うれしかった年でもあった。
 その後、中学受験でこの一年間塾通いだった孫娘Mei、
第一志望の伝統ある東京の女学校に 帰国子女枠とはいえ合格した。
一人っ子の我儘娘が 朝に夕にそして何かにつけ「ごきげんよう」と
挨拶を交わす学園生活で どのような女性になっていくのだろう。

P1020608_20161215164554260.jpg








































 



冬のイルミネーション
DSC00753.jpg     (写真はクリックして拡大してください)

 クリスマスの雰囲気を味わいたいという孫娘Meiの希望で 雪山ならぬ
イルミネーションの園地へ。
 私たち世代の街中の冬のイルミネーションといえば
銀座松屋通りマロニエの枝に絡みついた白色豆電球だった。
その後、札幌大道り公園のイルミネーション、神戸や丸の内のルミナリエなど
色彩が豊かで表現力もインパクトのあるものになったが、
私はいまでも パリのシャンゼリゼ大通りのような白い光の世界が好きなのだが・・・。
 香港のど派手な電飾の生活に慣れた孫娘は カラフルなのがいいという。
そこで近郊の「よみうりランド」へ。

DSC00741.jpg DSC00764.jpg 園地の昼と夜



DSC00765.jpg DSC00752.jpg DSC00755.jpg DSC00757.jpg



DSC00742.jpg DSC00763.jpg Meiと遊ぶ妻


(2016.12.10 遊ぶ)



DSC00731.jpg 幻花(鶴の競演)
    近在の折り紙名人Ki氏からの孫娘Meiへのプレゼント