俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



雄国沼
P1050714.jpg P1050695.jpg      (写真はクリックして拡大して下さい)
雄国沼            磐梯山                                               

 梅雨の晴れ間が覗くという予報に 福島・裏磐梯の雄国沼を歩いた。
裏磐梯桧原湖に近い雄子沢登山口から 雄子沢沿いに片道4.5キロのブナやミズナラの
静かな森を辿る。
新緑のブナ林を抜け 沼近くのミズナラの純林はとりわけ美しかった。

P1050696.jpg P1050697.jpg 登山道   P1050721.jpg ミズナラの林

 青空を映した初夏の雄国沼は 平日というのに大勢のハイカーで賑わっていた。
七分咲きのニッコウキスゲ、咲き残りのワタスゲが群落をつくり、ヒオウギアヤメやハルリンドウが
ポツポツと彩りを添えている。

P1050700.jpg P1050706.jpg P1050709.jpg P1050713.jpg
雄国沼

P1050702.jpg P1050714_20140627142014d3c.jpg ニッコウキスゲの群落

 一日花のニッコウキスゲは今月末あたりがピークかも・・・。

P1050703.jpg P1050710.jpg

P1050705.jpg ワタスゲの群落

P1050707.jpg ヒオウギアヤメ

 沼畔~金沢峠遊歩道の花々

P1050716.jpg P1050717.jpg P1050718.jpg P1050720.jpg

(「山行クロニクル No.96」 ’14.6.26(木)歩く)