俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



鳥ノ胸山
P1040345.jpg P1040346.jpg P1040350.jpg
道志みちから覗く富士  鳥ノ胸山         道志川   (写真はクリックして拡大して下さい)

 少しまとまった空き時間がとれたので 近郊、丹沢山塊の北西 甲州と相模の甲相国境尾根から
山梨県側にすこし外れた小さな峰、鳥ノ胸山(1207m)へ向かった。
かって菰釣山を歩いた折に気になっていた峰のひとつである。
鳥ノ胸山(とんのむねやま)、語源は「殿群山」とされているようだ。

 道の駅「道志」に車を止め、道志川に架かる橋を渡り林道を歩いて30分、登山口へ。

P1040352.jpg P1040354.jpg P1040367.jpg 林道と登山口

 積雪は20~30cm、数日前のツボ足トレースがついている。
こんなマイナーな峰でも訪れる方がいらっしゃるようだ。
今日は風も無く静かな急登が続いている。

 密度の濃いスギの人工林を辿ることしばし、コナラやクヌギ、モミジの落葉灌木林に変わると
鳥ノ胸山山頂と稜線が覗かれた。
佇み、菰釣山行の時に孫娘からプレゼントされたバードコールを鳴らしてみるが
一羽も応えてくれず、ますます孤独になり寂寥感に包まれる。
 全く動くものがない。
じっと佇みバードコールを鳴らしていると、陽の光だけが着実に廻っているのが判る。

P1040358.jpg P1040365.jpg P1040364.jpg

 山頂からの富士よりも もっと近く 湖畔からの圧倒的な姿が見たくなり、
踵を返し、下山。
道志みちの山伏峠を越え 山中湖経由で帰宅した。

P1040370.jpg P1040373.jpg
凍った山中湖                   (写真はクリックして拡大して下さい)