俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



大台ヶ原
 北東北や奥秩父の原生林を味わう機会は多々あったが、年間降雨量5,000ミリ
という屋久島同様 世界有数の雨水量を誇る大台ヶ原の自然林を歩きたく
奈良最深部の山峡を訪れた。

 三重県との県境、台高山脈の南端、大台ヶ原駐車場まで関東近郊からは
約600キロ。
三年前、新幹線利用で桜の季節に 吉野山の千本桜を満喫したが、今回は車で
一週間の旅程を作り奈良県南部周辺の山と秘湯を味わった。

P1010021.jpg P1010041_20100522215908.jpg P1010089_20100522220000.jpg 大台ヶ原の樹    (写真はクリックして拡大してください)


「山行クロニクル No.54」 大台ヶ原・東大台一周       単独
’10.5.17(月) 旧大台荘(前泊)~日出ヶ岳~正木峠~牛石ヶ原~大蛇~
            シオカラ谷~大台ヶ原駐車場=上北山温泉(泊)

 星の観測やトウヒ(エゾマツの変種)やブナの樹海で知られる大台ヶ原、前泊した旧大台荘
の夜は満天の星の輝きに充足。
当初計画では 台高山脈最高峰の日出ヶ岳(1694m)から、原生林と渓谷を経て
宮川ダムに至る屈指の名渓を下山したかったが、大杉谷への道は ’07年の台風で崩壊、
残念ながら いまなお通行止めであった。
 歩いたのは 大台ヶ原・東大台一周、約10キロ 4時間の散策コース。

P1010051_20100522222302.jpg 東大台周回図

P1010012.jpg P1010019.jpg P1010038.jpg
登山道 点描

 珍しくも晴天の下、山荘(駐車場)から日出ヶ岳へは整備された静かな登山道を坦々と登る。
山頂は360度展望の一等三角点。

P1010042.jpg P1010032_20100522223323.jpg
日出ヶ岳          山頂の三角点

 山頂からは 東に黒潮の熊野灘が霞み、西には 北から南へ 女人結界をいまなお譲らない山上ヶ岳、
そして大普賢岳~行者環岳~弥山~八剣山(八経ヶ岳)~仏生ヶ岳~釈迦ヶ岳へと続く
大峰奥駈道の稜線が屏風のように展開している。
 
P1010039_20100522225722.jpg P1010029.jpg P1010034.jpg
大峰山奥駈道      八剣山(八経ヶ岳)と釈迦ヶ岳  大普賢岳と山上ヶ岳方面

 正木峠への道は鹿の食害による立ち枯れ樹林帯。
正木ヶ原では 南限のトウヒの森がまだ健在であった。

P1010044_20100522231147.jpg P1010045.jpg P1010047.jpg
                                トウヒの森


 大峰奥駈道では「東や西の覗き」の修行場が著名であるが、大台ヶ原でも
同様の大蛇(だいじゃぐら)の覗きが楽しめる。
懸崖に突出した岩壁、眼下は1000mの大絶壁。
中空に不動返しのがそそり立つ。

P1010053.jpg 大蛇からの眺め

 その後 牛石ヶ原を経てシャクナゲ(ツクシシャクナゲ)のトンネルを潜り、
鞍部、シオカラ谷の吊橋の下で清流にしばし憩い 汗を拭う。

P1010069.jpg P1010074_20100523000336.jpg P1010073.jpg
シャクナゲの群落

P1010077.jpg P1010081_20100523000704.jpg P1010079_20100523000758.jpg P1010084.jpg
シオカラ谷                                      見つけたタラの芽


 昼食を含めて約5時間。五月晴れの平日、樹間に小鳥のさえずりが絶えない静かな
散歩道であった。



東熊野街道・十津川街道 点描
P1010097.jpg 大峰山(弥山・八剣山)登山口

P1010105.jpg 谷瀬の吊橋

P1010114_20100523002500.jpg 小雨の十津川

 十津川街道は 左手山上に大峰奥駈道、右手林間に熊野参詣道(古道)と
二つの世界遺産に挟まれた日本一広い村を縦断する。
この川筋の狭隘の道の両側には 新緑の中にヤマフジとキリの紫色が彩りを添えていた。
その後 4日間、「漂えど沈まず」、ひとり旅の本質を満喫した。

P1010118.jpg P1010119.jpg 湯泉地(とうせんじ)温泉
源泉60度、単純硫黄泉、掛け流し。秘湯を守る会会員。

P1010122_20100523010009.jpg みかんの花         (写真はクリックして拡大してください)




テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ