俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



菅平(小四阿)
P1020224.jpg 菅平牧場から 根子岳(左) 四阿山(中) 小四阿(右)
                                          (写真はクリックして拡大してください) 
 このところ2週続けて菅平高原、志賀高原を訪れた。
先週は、菅平、嬬恋、万座 そして残雪の渋峠を越えて 情緒溢れる渋温泉の湯へ。
今週は走るだけでなく 半日ほど時間をさき 昔、まだ小学生だった息子達のラグビースクール夏合宿
の芝生の整備具合を覗いたり、菅平牧場から四阿山への登山道を辿ってみた。

 小四阿(しょうあずま)ピーク、1917mまで登り、中空に浮かぶ残雪の北アルプスや頚城三山、
春霞の浅間山や湯の丸山、眼下の目の覚めるような緑の牧場を眺め、高原の薫風と新緑を満喫した。

P1020201.jpg P1020206.jpg P1020213.jpg
根子岳           小四阿ピーク        四阿山

 小四阿ピークからみる根子岳は 若草の装いが美しく、また、中四阿の奥に覗く四阿山は針葉樹
の濃い緑が際立っていた。
登りの途中、若いニホンカモシカに遭遇できたのは幸運だった。今年はや2度目。
登山道はスミレの他 小さな高山植物が顔を出し始めていた。

P1020190.jpg P1020192.jpg P1020221.jpg P1020218.jpg
ニホンカモシカ



P1020148.jpg P1020151.jpg
渋峠からみた四阿山と根子岳   渋温泉、外湯のひとつ・大湯