俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



丹沢山
 いつか御礼に再び訪れたい・・・と思いながら1年以上経過してしまい、反省を込めて丹沢山塊を
歩いた。
昨年 3月、時ならぬ春の大雪に 腰まで埋まる単独ラッセルを強いられ、疲労困憊で辿り着いた山荘
で暖かいもてなしを受けた。真っ白く変色した指と冷えた身体を温める為 大型ストーブをガンガン焚き
熱い焼酎でもてなして頂いた。
その塔ノ岳尊仏山荘 二代目オーナー、薩摩隼人のH氏に遇うためである。
薩摩の芋焼酎一升壜をザックに詰め まずは塔ノ岳へ向かった。
                                         (写真はクリックして拡大してください)

2009_0429丹沢山0002 2009_0429丹沢山0026 2009_0429丹沢山0025
札掛 タライゴヤ沢    塔ノ岳 尊仏山荘     丹沢山方面

「山行クロニクル No.34」  塔ノ岳・丹沢山             単独
’09.4.27(月)浦和~東名秦野中井IC~ヤビツ峠~札掛 丹沢ホーム(泊)
    4.28(火)札掛~長尾尾根~新大日~塔ノ岳~竜ヶ馬場~丹沢山 みやま山荘(泊)
    4.29(水)丹沢山~天王寺尾根~本谷川~東丹沢県民の森~札掛~浦和

 天気予報と異なり 札掛は小雨。渓流釣り場から養魚場を越え2時間ほど沢を遡上、散策する。
ウグイスの声とともにタライゴヤ沢沿いの木々は新芽が美しく、土手にはテンナンショウやスミレが
咲いていた。名物のシロヤシオにはまだ一ヶ月早そうだ。

2009_0429丹沢山0003 2009_0429丹沢山0006
テンナンショウ(マムシ草)

 宿で、今年も引き続き「丹沢自然保護協会」の理事長を務めているN氏から、最近の「森の学校」の
イベントや東丹沢の自然保護活動の話を聞く。

4.28(火) 曇天。7時30分、長尾尾根に取り付く。
スギやヒノキの植林帯を抜け 樹相の美しいブナ林に入る。まだ芽吹きはささやかだ。
この尾根は行き交う登山者が全くなく静か。
ツツドリのポッポッ ポンポン、シジュウカラのツツピー ツピツピ、とりわけ明るく声の大きい おちゃっぴいな
ミソサザイの囀りが耳に届く。春だな と感じる。

 ちらほら霙が風に舞う。昨年のこの尾根のラッセルの苦闘が蘇るが、新大日では晴れ間が覗き
峰ザクラが満開。春霞の相模湾や真鶴半島を眺めて昼食大休止。
ここからはヤビツ峠から表尾根を歩いてくる登山者と合流する。

2009_0429丹沢山0008 2009_0429丹沢山0009 2009_0429丹沢山0012 2009_0429丹沢山0014
ブナ林            峰ザクラ                          春霞の真鶴半島

 新大日から木ノ叉大日そして塔ノ岳まで標準時間で40分、昨年の雪を掻き分け 土手を攀じり
2時間かかったことが嘘のよう。鹿と遊びながら塔ノ岳山頂着、11時半。
しかし、鹿は 先々週の両神山で出遭ったニホンカモシカに比べ、野性味と品格に欠ける。

2009_0429丹沢山0021 2009_0429丹沢山0025
塔ノ岳 山頂        丹沢山方面

 山荘を訪ね、昼食で一杯の登山者のお世話をしていたH氏に御礼の品を届ける。
氏もあの大雪の日のことはよく覚えていてくれた。
30人ほどの登山者で賑わう広場でコーヒーを沸かし、遠くに浮かぶ北岳や甲斐駒の白い嶺々を
眺めながら1時間ほどくつろぐ。眼下の新緑が爽やか。

 小屋脇を抜けて 丹沢山を目指す。ここから先は初めての道で心が弾む。
日高を越え 薄日に竜ヶ馬場への笹原の趣が素晴らしい。

2009_0429丹沢山0028 2009_0429丹沢山0031 2009_0429丹沢山0035
竜ヶ馬場への笹原    塔ノ岳を振り返る     新緑が映えるキュウハ沢方面

 静かな佇まいの山頂、丹沢山(1567m)2時着。
バイケイソウの芽吹きと峰ザクラの1~2分咲き、蛭ガ岳を前に静けさに溶け込む。
みやま山荘オーナーI氏に挨拶、ザックを降ろした。三々五々小屋泊まりの登山者が集う。
同年輩の方、小学生を連れた若いお父さん、百名山登頂を目指すと張り切っている学生さん、
皆と談話室で酒を飲みながら歓談する。
 月と星、相模原方面の街の灯を眺めて就寝。

2009_0429丹沢山0052 2009_0429丹沢山0051 2009_0429丹沢山0049 2009_0429丹沢山0055
丹沢山一等三角点    バイケイソウの芽吹き  蛭ガ岳            下弦の月

4.29(水) 晴天
2009_0429丹沢山0056  車を置いた札掛まで入山者の少ない天王寺尾根を一気に降る。
この尾根はアセビとブナが美しい尾根、キュウハ沢側の新緑も爽やかだ。アカヤシオがちらほら。

2009_0429丹沢山0057 2009_0429丹沢山0060
アセビとブナの尾根道  アカヤシオ

 天王寺峠から本谷川へ降り 吊橋を渡って東丹沢県民の森を抜け、朽ち落ちた桟道の脇をへずって
再び札掛へ。
H氏の笑顔に接し心が落ち着くとともに 雪の無い長尾尾根を楽しみ、竜ヶ馬場の美しい笹原が印象に
残る山行だった。
                                                2009_0429丹沢山0020

(写真はクリックして拡大してください)
(大雪の丹沢は「山行クロニクルNo.19」を覗いてみてください)

PS:
 丹沢とか奥多摩の山々は 心の隅にいまひとつの掻痒感を覚えてしまう。
自然林に達するまでの単調さか、森林限界を超えることのない変化の乏しさか・・・
或いはチリンチリン、カランカランと音を出す人の多さ故だろうか。
やはり山相が似すぎていることに尽きるのだろうか。 この近郊の山々は その特徴にあった季節を
選ぶことの大切さを教えてくれているのかも知れない。 きっとそうだろうと想う。
担荷力の衰えたいまの私にとっては、これから先 身近な峰々なのだから。

 


















テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ

両神山
 桜、桃、杏の白 ピンク 緋、 マンサク、キブシ、エニシダ、ヤマブキの黄、 雪柳、椿、木瓜の白と紅、
そして路上には 水仙、桜草、芝桜、チューリップなどなど・・・。
北秩父、吉田や小鹿野地区の山里は この季節、まさに花に埋づもれていた。
この地域の子供の「花まつり」に見られる花吹雪の道を歩いているようだった。

 両神山を代表するひとつ花、アカヤシオの気の早いのがちらほら咲き始めている登山口、日向大谷の
山荘に前泊、 両神神社・里宮に詣でたりしてのんびりとしたひとときを過ごした。

                                          (写真はクリックして拡大して下さい)                                            
2009_0411両神山0002 2009_0411両神山0004 2009_0411両神山0005 2009_0411両神山0006
                                両神神社・里宮

「山行クロニクル No.33」 両神山
 翌朝(4.11土) 6時30分、前夜 同宿、歓談した同世代の単独行男性とまだ現役の男性二人組みと
山荘の犬(ポチ)を伴い登り始めた。ここ2~3日と同様 今日も夏日が予想され、気温だけはまるで夏山の
様相である。
 男性4人、お互い初対面であったが、明け方に登山口まで走り来て登るというのではなく
前泊し、ゆったり山を楽しみたい という互いの雰囲気が伝わる方々だった。

 七滝沢への道を分ける会所を過ぎ、ポチを帰し 薄川を2~3回徒渉、小鳥の囀りに包まれ 沢沿いの
急登にかかる。アズマイチゲがまだ花弁を巻いている。
弘法の井戸の清水は汲むのに大変なほど細く僅かずつ滴っていた。近年は素泊まり対応しかしていない
無人の清滝小屋で大休止。夏日の日差しの中 何人かの健脚者が先行していく。

 クサリ場のある産泰尾根に取り付き 所々アイスバーンの残る尾根を攀じり 奥宮に詣でる。

2009_0411両神山0009
両神山近景

 奥宮からの尾根通しの夏道はトラロープが張られ、崖を巻く冬道の凍ったところを歩かされた。
山頂着 11時過ぎ、標高差1100mを4時間半ののんびり登行である。
三角点のある剣ヶ峰(1723m)は360度の視界。春霞のベールに包まれてはいたが、冠雪の八ヶ岳
や遠く北アルプスの稜線、南の富士山も美しく浮かんでいた。

2009_0411両神山0010 2009_0411両神山0014
剣ヶ峰 山頂        春霞の八ヶ岳

 歩行距離の短い八丁峠からの入山者が多く、狭い山頂はすぐ人で埋まる。交互に写真を撮り
少し降った白井差への分岐にあるテーブルで昼食、歓談。
この季節外れの暑さには閉口したが 眺望に恵まれたことに感謝し、下山にかかる。

 尾根の北側はシャクナゲの花芽もまだ固く小さく、ミズナラやダケカンバの新芽も膨らんでいない。
ハシリドコロ、イチリンソウ、ネコノメソウの他、朝は閉じていたアズマイチゲは精一杯 花弁を広げ
灰褐色の沢筋の崖に存在を誇示していた。

2009_0411両神山0017 2009_0411両神山0020
キバナノネコノメ      アズマイチゲ

 薄川の沢沿いの崖の中腹で 久し振りにニホンカモシカに出会う。
黒い小さな前角と首周りの白い襟巻き、しなやかな黒毛を纏い、堂々と睥睨していた。

 3時過ぎ 下山、山荘のオーナーご夫妻に挨拶、 また ご一緒していただいた方々とも いつの日かの
山での再会を楽しみに別れ、花の里を後にした。
                                       (写真はクリックして拡大してください)

                                     








テーマ:登山 - ジャンル:スポーツ