俄歩
高嶺を歩けなくなったいまでも 「自然と向き合える体力 自然を味わえる感性 自然に応えられる知力を大切にしたい」  という心根は持ち続けていたいものです
プロフィール

俄歩人 (がふと)

Author:俄歩人 (がふと)
高嶺は2013年9月の槍ヶ岳が
最後となりました。
いまは 季節の移ろいを想い出
の地に求めて彷徨しています。
年に一度、写真集「岳と花」を
記載。
(さいたま市 浦和 在住)



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



暗沢山と南伊豆西海岸
 伊豆半島には 天城山系の万三郎岳、西伊豆スカイラインの達磨山、
そして雲見温泉近くの小峰 暗沢山の三つに一等三角点がある。

 既に花期は終わってしまったヤマツツジの名所 長者が原を越え
杉・檜の植林帯、椎・樫などの鬱蒼とした混交林を歩くと 標高わずか520mの山頂。
一等三角点があった。

DSC01059.jpg 沢沿いの小さな棚田    (写真はクリックして拡大してください)        

DSC01061.jpg DSC01063.jpg DSC01060.jpg
暗沢山 山頂                        一等三角点


 雲見海岸に降り 小さな湯宿を求め、平日の静かな海岸を散策。
釣り人とダイバーのみ。
この雲見を最初に訪れたのは まだ温泉が湧出する前の昭和30年代であった。

DSC01074.jpg 雲見湾と温泉集落

DSC01077.jpg DSC01070.jpg DSC01072.jpg
ダイビングスポットと想い出岬(冬は真正面に白富士が浮かぶ)

DSC01086.jpg DSC01087.jpg 翌朝の雲見浜と温泉街




 南伊豆遊歩道を逍遙、石廊崎へ向かう。
昭和30年代、いち早く開発が進み拓けた東海岸と異なり、
ボンネットバスが一日2便程度しかなかった西海岸。
いまだ懐かしい風景が点在していた。


DSC01090.jpg

DSC01091.jpg DSC01094.jpg DSC01096.jpg
石廊崎港            石廊崎灯台       先端の石室権現

DSC01101.jpg 伊豆半島南端の海


       
出遭った花々
DSC01071.jpg DSC01104.jpg DSC01105.jpg DSC01106.jpg


(2017.6.16~17)











関連記事


この記事に対するコメント

お久しぶりの 訪問 ありがとうございます
 天城山は 登ったけど
  また 万三郎岳は 登ってません
昭和30年代
 くまが 生まれた年代です
【2017/07/08 19:35】 URL | 北海道のくま #- [ 編集]


 あの時代、伊豆の東海岸は高級リゾート開発が始まり
川奈、熱川、白浜など、アメ車が走り回っていましたが、
西海岸は舗装もされず 砂ぼこりの白い道が峠越えで続いており
静かな旅、青春の思い出の地でもありました。
 くまさんの一葉には いつも癒されております。
コメントをありがとうございました。
【2017/07/09 12:53】 URL | 俄歩人 #t3k.yir2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yoshiyama.blog115.fc2.com/tb.php/212-9b4e1b0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)